スタッフブログ&最新情報〜スタッフ奮闘記&イベント告知情報など

沼宮内小学校3年生によるキャベツ「いわて春みどり」の定植

岩手町立沼宮内小学校3年生全児童によるキャベツ『いわて春みどり』の定植が行われましたので、その様子の撮影に行ってきました。
本日植えたこのいわて春みどりは、7月頃に同じ子ども達の手によって収穫され、同月、道の駅『石神の丘』でいわてまち焼きうどんの具材として調理・提供されます。

岩手町の特産である「いわて春みどり」といわてまち焼きうどんを通じて、子どもたちに岩手町の良さを学んでもらうという食育の一環です。



今回のお世話になった、三浦青果さんのキャベツ畑です。
ビシッと揃えて植えられた春みどりの緑と、桜のピンクの組み合わせが、とてもきれいで芸術的でした。
この一画にまだ植えられていない場所が設けられていて、子ども達にはそこに植えてもらいます。




こちらが子ども達に植えてもらう、いわて春みどりの苗です。
芽が出てから25日くらいたっているそうです。
いつもながら鮮やかな緑で見入ってしまいます。すでに美味しそう・・・




やってきました!未来の岩手町を担う卵たち。
元気で楽しそうです。将来の岩手町も安心かな。




その卵達に熱心に説明する、三浦青果のご長男、三浦大樹さん。
岩手町の農業を担う若きホープであり、いわてまち焼きうどん連合歓隊 隊員でもあります。
イケメンでトークもうまい彼ですが、新婚ほやほやで近々披露宴開催との事です。おめでとう!





と、ここで子ども達からの質問タイム!応えるのはもちろん三浦大樹さん。

何日たったらおいしくなりますか?
芽が出てから80日くらいでおいしくなります。これから植えてもらう苗は25日くらいたっているので、あと5、60日くらいです。

キャベツにはどんな種類がありますか?
春キャベツ(春みどり)と寒玉キャベツがあります。春キャベツはとても柔らかくて甘く、サラダなどの生食用に適しています。寒玉キャベツは対照的に葉肉がしっかりして、調理に適しています。

一列に苗を何本植えますか?
一列に150〜3、400本ぐらい植えます。

1日に何本植えますか?畑全部で何日かかりますか?
1日に植えるのは1万5千本くらい。ここに見えている畑で2、3日かかります。昔は人の手で植えていたのでもっと時間がかかりました。

キャベツはどうやって作りますか?
みなさんに植えてもらった後、天然の肥料を与えて、雑草を取ったりしながら育てます。



さぁ、いよいよ本番!
せまい通路(?)に苦戦しながら、一本一本丁寧に苗を植えていきます。
一人5本ずつ植えたところで後ろの人にバトンタッチ。





畑に植えてもらったところで、オプション(?)のプランターに植えてもらいます。
プランターの数が限られていて全員はできないので、急遽、先生とのじゃんけん大会となりました。
このプランターは岩手町の大町商店街に並べられ、その成長ぶりを子ども達含めて、町の皆さんにみてもらいます。




プランターに植えている様子です。
が・・・、皆さん夢中でカメラに顔を向けてもらえません
なので、こちらを向いてもらうように頼みました。ありがとう!




最後にみなさんで集合写真。ばんざーい!
畑という環境で横長の列になってしまったため、小さくなってしまいました



子ども達から頂いた感想・・・
 「人の苗を踏まないようにするのが大変でした。」
 「大きくなるのが楽しみです。」
 「ドキドキした。」
 「難しかったけど頑張って植えてうれしかった!」
などなど。

みんなありがとう!
おじさん達も楽しそうな姿を見れて心が温まったよ。うっうっ・・



で・・・、植えてもらったプランターを持って商店街に戻ってきました。
いわてまち焼きうどん連合歓隊事務局長、地元商店街の一人として、一人で並べてます。お疲れ様です。
事務局長曰く「去年も一人で並べたよ・・・」
お手伝いいたしました。はい。

(プランターのフチに脂肪のってますよ・・・事務局長・・・)


6月頃に今度は植えたキャベツのお世話をするそうです。
またブログにてご報告すると思います。

それでは、また。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←ブログ村ランキング参加中!ポチっと押してね(^o^)丿

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

その他

qrcode