スタッフブログ&最新情報〜スタッフ奮闘記&イベント告知情報など

沼宮内小学校3年生が収穫したキャベツを使って提供

先日、本ブログでもご紹介いたしました「沼宮内小学校3年生によるキャベツ『いわて春みどり』の収穫」で収穫したキャベツを使って、いわてまち焼きうどんを下記日時・場所で調理/提供しました。

  • 日時:2012年7月21日(土) 午前10時〜午後1時
  • 場所:道の駅 石神の丘



元気いっぱい、この前収穫した子ども達が大勢応援にやってきてくれました。
白衣姿でとてもかわいらしいです。
ホントは全員頭にキャベツ帽をかぶる予定でしたが、我々のミスで1つだけの用意となりました。残念。
今回は子ども達に、お客様の呼び込みと、商品の受け渡しをしてもらいます。

この日は岩手朝日テレビさんが「道の駅 石神の丘」を取材にやってきており、我々の活動も一緒に生放送された模様です。




調理ブースの脇には子ども達が考えてくれたキャベツを使った料理のレシピが、収穫したキャベツと共に、たくさん並べられています。こんなにたくさん考えてくれました。ありがとう。




我らが事務局長、提供開始前に“いわてまち焼きうどん”の内容について、子ども達に伝授しています。熱心に聴く子ども達。
ふむふむ、なるほど、岩手町産の具材を3種類...(省略




提供が始まると、最初はどうしたらよいか戸惑っていた様子でしたが、子どもの適応能力は高いもので、すぐに大きな声での呼びかけが始まりました。

「私達、沼宮内小学校3年生が育てたキャベツを使用していまーす!!」
「とてもおいしーでーす!!」

そしたらお客様が笑顔でいらっしゃることいらっしゃること。
私ども大人部隊は完敗です。この子ども達の黄色い呼び掛けにはとてもかないません。
今度のB−1グランプリも一緒に...いかが??なんて。




我々大人部隊も頑張らねば!ということで、調理の様子。
いつもより多めに気合をいれてます。




商品受け渡しの様子です。
いわてまち焼きうどんは、岩手町産の具材を3種類以上使うことが定義の1つですが、この日はもう一品「子ども達の笑顔」がトッピングされ、いつもより多目の“具材”となっておりました。なお「子ども達の笑顔」はプライスレスにてご提供しております。




子ども達は開始から1時間半程度で解散です。
おっさん達一同とてもさみしいですが仕方ありません。
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。


強力な呼び込みがなくなったところで、お客様の反応を心配しておりましたが、なんと!解散後もそのままお手伝いしてくれる子たちが現れました!
いやぁ、助かりました。
引き続き呼び込みをしてもらいましたが、おかげさまでお昼過ぎには余すことなく完売となりました。

今後もなにかしらのかたちで小・中・高校生に参加してもらい、故郷岩手町を意識してもらうきっかけになればよいですね。

それでは、また。


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←ブログ村ランキング参加中!ポチっと押してね(^o^)丿

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

その他

qrcode