スタッフブログ&最新情報〜スタッフ奮闘記&イベント告知情報など

いわてまち焼きうどん で恩返し v(1)v

  岩手町商工会青年部と青年部OB、商工会関係者23名が、3月27日(日)11:30から「田野畑村和野 アズビィホール前」にて、「いわてまち焼きうどん」と「ホルモン鍋」の炊出しを行い、被災者の方々に対し、岩手町の住民から、ささやかな恩返しをお届けさせていただきました。

この避難所には被災者約450人のほか、
スタッフ含めて約500人の方々が詰めていらっしゃるとの事。

被災者ならびに支援活動など、色々な方々の活躍に対し、1日でも早く生活の基盤が復旧されますことを切に願わざるを得ません。

田野畑村炊出し



こちらは田野畑村商工会青年部の皆様が「味噌焼きおにぎり」を準備している様子。

今回の炊出しは、岩手町が集中豪雨により被災した時(2010年7月17日の大雨洪水により尾呂部、横沢地区が壊滅的な被害を受けた。)、田野畑村商工会青年部が中心となり集めていただいた「義援金」の恩返しの一貫として協力させていただきました。
(岩手町からの支援物資も委託され、お届けさせていただきました。)

田野畑村炊出し



こちらは、岩手町商工会青年部OBと青年部が「ホルモン鍋」を準備している様子。

避難所前のテントとテーブルは村青年部に用意していただき、調理用の機材一式を持参し手際よく行われました。青年部の方々もキッズカンパニーやら各種のイベントなどで、手際よさは折り紙つき。

田野畑村炊出し



ホルモンが煮えた頃合をみて、岩手町特産のキャベツ「春みどり」を投入、ダイコン、豆腐、蒟蒻などの食材を加え、具沢山の「ホルモン鍋」が出来上がりつつあります。

田野畑村炊出し



「いわてまち焼きうどん」を並んだ被災者の方々と会話しながら仕込む様子。

こちらは、石神の丘レストランのシェフが仕込む「いわてまち焼きうどん」
被災者の方々に熱々の焼きうどんを美味しく食べていただきたい、そんな思いを込めて仕込みます。

田野畑村炊出し



出来上がった「いわてまち焼きうどん」「ホルモン鍋」「焼きおにぎり」をお渡しする様子。

「ホルモン鍋」も熱々のものを提供する様に心掛けました。
アズビィホールの被災者の方々、スタッフの方々全員に提供でき、少しでも恩返しになれれば?
という思いで協力できたことがうれしいです。

私たちが出来ることは小さいですが、喜んでいただけることに遣り甲斐も感じました。
機会があれば他の被災地にも協力したい。
と、心一つに活動を続ける事を確認しあいました。

早速29日には宮古駅前、ララいわての即売会に「ホルモン鍋の炊出し」のメールが、、、?
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村←ブログ村ランキング参加中!ポチっと押してね(^o^)丿

コメント
グルメ研究会の活躍頭が下がります。クロネコヤマトの配達員のお兄様も大活躍振りに鳥肌が立ちスゴいです。本職はそっちのけでよく頑張る姿に…….
  • 椀子蕎麦
  • 2011/04/30 5:55 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

その他

qrcode